生産者協議会とは

生産者協議会とは

生産者協議会は1989年、総合生協共同購入組合員へ農畜産物を提供する新潟県内の産直生産者で結成した団体です。「環境保全」「安全・安心な農畜産物づくり」「域内生産・域内消費」等をモットーに活動を進め、その後県外生産者にも広がり12年を経過した今日、生産団体数約100、生産戸数約1000戸に及んでいます。今後も総合生協組合員のご期待に応えるよう、更なる努力を続けていきます。

活動理念

生産者自らが考え、行動すること
自分たちが作ったものは責任を持って、総合生協の組合員に届けることを基本とします

産直5原則

生産者と産地が明確であること
生産物の素性が明らかであること
組合員と生産者が交流できること
生産理念や生産方法が互いに確認できること
地域環境に配慮した生産を行っていること

私たちがめざす循環型農業

1、総合生協の産直活動を組合員・生産者協同の和で強化します。
2、組合員に安全・安心・安定した産直品供給の活動をすすめます。
3、組合員と協力・協同の和で農業・農村の活性化に取り組みます。
4、組合員の理解と協同の和で環境保全型農業に取り組みます。