濁川生産組合

「農業」を仕事に選んだ人たち

左から田村さん、大塚さん、山﨑さん、小林さん、斉藤さん、大塚さん。大塚さんが二人になりました。

トマトのハウス栽培のほか、チンゲンサイや稲作で一年中忙しい濁川生産組合。ここへ行くと「農家の高齢化ってどこの話?」と思ってしまいます。子供の頃からここで育った田村さん、さまざま仕事を経た後出会った大塚さん、実家が兼業農家でもっと農業を知りたいと就職した山﨑さんに、食品メーカーに勤めたけれど「どうも違う」と転職してきた小林さんに、生き物が好きな斉藤さん、農業がやりたかった大塚さんは、以前お邪魔した時には江口さんでしたが、大塚さんと結ばれていました。20代のスタッフはもう一人いるそうなのですが、田村さんと結ばれ今は産休中だそうです。トマトも稲も育っていますが、ここでは若い人たちも育っています。

コメント