本田敏明さん・トマト

新井郷ハウス組合のトマト新井郷ハウス組合は夫婦同伴

美味しいトマトの産地として知られる新井郷ハウス組合は、例年お互いのハウスを一緒に巡って切磋琢磨。しかし、その後の飲み会で虎になり、「大事なことをちっとも報告しない!」と妻たちが怒りだしたことから、何をするにも夫婦同伴が原則になったそうです。仕事が一段落するとみんなでトマト料理のおいしいレストランに出かけたり、トマトの保存法を研究したり、「作る」だけではなく「食べる」を大事にしているのは、夫婦同伴の威力かもしれません。

新井郷ハウス組合で作っているのは桃太郎トマト。天候の影響を極力避けるためハウス内を特殊なトラクターで60センチも深く耕し、深く根を張らせます。そして病気に強い品種に桃太郎を接ぎ木。作っている量が多いだけに、全ての苗を接ぎ木するのは大変な手間ですが、これは全員で集まって作業するそうです。

「最初の頃は活着しないのも多かったけど、今は1000本に数本」と本田さん。

ようやく、色づいてきました。ずっしりと重みのあるトマトを、丸かじりしてください。

お買い求めはクルコの宅配でどうぞ。
ネットからの注文もできます。

コメント