ちこり

キュートな舟形と、さわやかな大人の苦みが特長のチコリ。日本の食卓では、まだ決して「おなじみ」とは言えませんが、これを「おなじみ」にしようとがんばっている会社があります。岐阜県に本社があるサラダコスモです。

日本の食糧自給率を上げようという志と、地元の農家と競合しないで協働しようという配慮が合体し、取り組んだのが国内ではほとんど栽培されていないチコリの栽培。地元の農家にチコリの「根っこ」を畑で育ててもらい、その後工場で発芽させるそうなのですが、根っこの栽培も発芽の管理も難しく「先行企業が撤退した理由がよくわかった」と担当者。

でも、あきらめずに続けてくれたお陰で鮮度の高い国産チコリが食べられます。写真は海老を載せたチコリの天ぷら。写真をクリックするとレシピにジャンプします。海老の甘みと油との相性は抜群です。

チコリをひらがな表記にしているのは、「日本の野菜に育ってほしい」という願いからだそうです。

コメント