これは何ですか?

アイスプラント新潟市のグリーンズプラント巻を訪ねた時に見つけました。

総合生協のハーブサラダを作っている温室内の一角、畳1枚くらいのスペースに、びっしりと生えていました。

「これは…」

「アイスプラント。霜が立っているように見えるでしょう。でもこれ、小さい袋だよ」と社長の若林馨さん。まだ写真でしか見たことがなく、ホンモノは初めてでした。「食べるとちょっと塩味がするけど、分かるかな?」と一房むしって手渡してくれました。

確かに、ほんのり塩味がします。でも塩以外にも複雑な味が幾つかします。そして香りはスイカ似。無理に例えるならば、スイカの果肉の赤いところと白いところの微妙な境目に、古代海水系の温泉を掛けて食べた味。たくさんいただいたので、翌日新潟調理師専門学校に持っていったところ「これ、おいっし〜のよ。ありがと!」と大層喜ばれたので、生でむしゃむしゃ食べるものではないみたいです。私はビミョウに後を引くので、生のままたくさん食べてしまいましたが。

葉は厚みがあって表裏にびっしり袋がある分の歯ごたえはあるのですが、中は柔らかめ。なかなか他のものに置き換えようのない食感です。

若林さんによると、アイスプラントの葉にある袋は土中の塩分を吸い上げて入れておくためのもの。塩分の多い砂漠地帯でも生きていける植物なのだそうです。「塩の分子って、大きいんだよ。だからその中にいろいろな有害物質が混ざって入ってくる可能性が高い。食べるときはどんな土で育ったかを気をつけなきゃならない植物」だそうです。グリーンズプラント巻は水耕栽培。成分がしっかり検査されているので「結局一番安全」な水道水を使い、カルキは活性炭で抜いて使用しているそうです。

(質問者:管理人 答えた人:若林馨さん)

1つのコメントがあります “これは何ですか?”

  1. [...] 今年はいんげん以外にもさまざまな作物にチャレンジすべく「夫からハウスを1棟もらった」と星さん。新種や変わった種はすぐに試してみるそうです。過去に失敗したのは1つだけ。アイスプラントだそうです。 投稿日 2010年6月8日. トラックバック コメントフィード. カテゴリー: 産地からこんにちは タグ: いんげん. [...]

コメント