トマトの毛

最盛期に入ってきました。新井郷ハウス組合、本田敏明さんのハウスを訪ねたら今年は寒くて生育が遅れ、トマトがじっくり育ったから「この数年では一番の出来」とのことです。甘酸っぱい初夏の味を召し上がって下さい。

本田敏明さんのトマト

夕方の日差しで、トマトの毛が金色に輝きます。一番美しく見える時刻です

画像が小さいですが、分かるでしょうか。トマトは、茎だけではなく、トマトの実にも元気な場合は毛を生やします。本田さんによれば、この毛は空気中の水分を吸収するためのもの。水やりを減らして糖度を上げ、なおかつ樹勢が強い場合に、トマトに毛が生えるそうです。触るとすぐ落ちますが、とてもきれいです。赤くなったものをいただきました。酸味がきゅっと来た後に広がる甘みが、とてもさわやかです。

コメント