産地からこんにちは

に含まれる記事一覧

旬を迎えた野菜を生産する農家を訪ねてきました。

中沢農園・サラダほうれん草

白い粉、見えますか? 中沢さん曰く、ほうれん草が出す物質。「きゅうりのブルームと同じ。根っこの元気が良い時ほどよく出るから、私はこれがついてる方が美味しそうに見えるんだけど」と言います。中沢農園は水耕栽培のため度々根っこ [...]

きゅうりのブルームって?

林恒男さん・きゅうり 千葉県できゅうりを作る林さん。作っているのはきゅうりの表面に白い粉がつくブルームきゅうり。千葉県内でもきゅうり栽培が盛んな地域で「ブルームレスが市場に導入される前に試験的に栽培していて、5,6年前に [...]

坂井俊雄さん・長芋

氾濫原で育つ美味しい長芋 長芋の産地といえば、全国的には北海道や青森県です。「北海道のはさ、小させぇんさね。すり下ろすと(水分が少ないため)器にこんもりするんさ」と坂井さん。なんだかそっちの方が美味しそうですが、食べ比べ [...]

宮下尚樹さん・たまねぎ

一口に「たまねぎ」と言っても、宮下さんが栽培しているたまねぎは8種類。「生で食べておいしいもの、炒めておいしいもの、煮物に向いてるもの。辛みの強さとか肉の厚さとか、みな違いますからうちでは料理に合わせてたまねぎを変えてい [...]

飯塚正之さん・じゃがいも

雪室で甘みを増したじゃがいもです 昨年から積雪の多かったこの冬。じゃがいも保存用の雪室にはたっぷりの雪が入りました。雪中貯蔵で野菜が甘くなるというのは、よくいわれることですが、気温零度、湿度100%という環境もみずみずし [...]

常世田高好さん・大根

姉弟で作った冬大根 千葉県といえば冬でも温暖な土地柄と想像してしまいますが、雪がなく乾燥しているため、夜の気温はかなり下がります。露地栽培の大根は、このため他の季節と比べると生育が遅く、その分きめ細かく甘みのあるものに仕 [...]

田村雄太郎さん・チンゲンサイ

がんばれ真冬の地元野菜 新潟市北区の濁川生産組合。濁川トマトで知られていますが、トマトが終わった後のハウスではチンゲンサイが育てられています。幼い頃から農場が遊び場だたという田村雄太郎さんは就農3年目。「(チンゲンサイっ [...]

中山嬉美さん・まいたけ

値段が手頃で食物繊維の宝庫、しかもノンカロリーで身体に良いきのこは、一年中役立つ常備菜。中山食茸のまいたけは、味と香りにこだわります。 きのこは低温、多湿な環境で育つものですが、中山さんはまいたけ栽培に適した湿度より数パ [...]