産地からこんにちは

に含まれる記事一覧

旬を迎えた野菜を生産する農家を訪ねてきました。

大口英雄さん・ミニ大根

柔らかくて味が濃いと… 「人間が食べて美味しいもんは、虫も好きなんですね」と大口さん。米も野菜もブランド化している津南で、“大根作りのプロ”といわれる大口さんが、ほとんど一手に作っています。大根は比較的短期間で育つ野菜。 [...]

野沢善広さん・プラム

春先の天候不順で心配されましたが、収穫が1週間ほど遅れたものの例年通りの味になったそうです。野沢果樹園は新潟ではほとんど作られていないプラムを栽培。県外の産地は流通のため青くて固いうちに収穫しなくてはなりませんが、「うち [...]

梅酒を作ろう・土橋としいさん

飲んで疲労回復、みりんの代わりに煮物に使うと美味 亀田で藤五郎梅を作る土橋さんおすすめの梅酒づくり。土橋さん自身はたくさん漬けるので広口瓶ですが、 「インスタントコーヒーの瓶に梅酒を詰めて、ホワイトリカーを注いで蓋をして [...]

小野俊郎さん・ニラ

露地生産は全国でここだけ? 堆肥をたっぷり鋤込んだ畑でニラを生産する小野さん。「うちのニラ、太すぎるってクレームになったことがあった」と笑います。肉厚で甘みがあり、柔らかいのが小野さんのニラの特長。その秘訣は、土作りと旬 [...]

星せつ子さん・いんげん

「おいしい」って言ってもらえるのがうれしい ファーム星の星さんは、仕事をやめて夫とともに農家になって以来、作物を育てるのが大好き。「自分で植えた種から芽が出るのがすっごくうれしいんです。もともと農家だった夫には分からない [...]

本田敏明さん・トマト

新井郷ハウス組合は夫婦同伴 美味しいトマトの産地として知られる新井郷ハウス組合は、例年お互いのハウスを一緒に巡って切磋琢磨。しかし、その後の飲み会で虎になり、「大事なことをちっとも報告しない!」と妻たちが怒りだしたことか [...]

高橋治儀さん・フルーツトマト

水分を吸わせない育てるフルーツトマトは糖度9度以上 昨年から生産者協議会に加わった高儀農園は、フルーツトマト栽培のパイオニア。社長の高儀治儀さんの「高」と「儀」を取って高儀農園と思いきや、「うちは代々専業農家で、屋号が高 [...]

田辺稔雄さん・きゅうり

きゅうりにも、糖度があるんだよ 「きゅりにだって甘さはあるんさね。糖度っていえば果物ばっかと思うだろうけど、おれ、たまにきゅうりの糖度計るよ」と田辺さん。もちろん、果物並みに10度あったりはしない(あったらもはやきゅうり [...]

若林馨さん・ハーブサラダ

“えぐみ”のないハーブ 「植物が持つ“えぐみ”は、虫に食べられないようにするために植物が作り出すものなんです。だから、えぐい野菜が身体に良いわけがないんです」と若林さん。植物にとってストレスの少ない環境を作ってあげること [...]

ちこり

キュートな舟形と、さわやかな大人の苦みが特長のチコリ。日本の食卓では、まだ決して「おなじみ」とは言えませんが、これを「おなじみ」にしようとがんばっている会社があります。岐阜県に本社があるサラダコスモです。 日本の食糧自給 [...]