産地からこんにちは

に含まれる記事一覧

旬を迎えた野菜を生産する農家を訪ねてきました。

豊田邦博さん・チューリップ

外は冬ですが、豊田さんのハウスの中は春でした。12月から3月まで出荷が続くチューリップの切り花。色づいたのからちょっとずつ、球根つきで引っこ抜いていきます。同じ環境を与えても、球根によって伸びが速いのと遅いのがあるそうで [...]

小林茂樹さん・キャベツ

「だって、いっつも冬に来るんだもん」 毎年のようにこの時期お邪魔している小林さん。カメラを向け「はー、また今年も曇天だ」とため息をついたら「いっつもこの時期に来るからだ!」と言われました。だって、作っているのが冬キャベツ [...]

池田範人さん・キウイフルーツ

スプーンですくうのに最適の柔らかさ 夏場の水不足は果樹園に設置してある井戸水で散水し、無事に育った今年のキウイフルーツ。台風はそれたのに、収穫直前に新潟市を襲った暴風で「ずいぶんやられた」そうです。お邪魔した時には全ての [...]

立川幸一さん・カガヤキ農園

里芋には親と子と孫があるんだ カガヤキ農園では11月、年末年始向けの里芋の収穫中でした。雪が降る前の、なるべく遅い時期に掘り出して外気よりも温かくなるようハウスで保存するのですが、雨が多いこの時期は、晴れ間を縫って総出で [...]

和田芳雄さん・カリフラワー

カリフラワーは蕾じゃないんだよ。形は似てるけどブロッコリーとは全然違う お父さんは神社仏閣の修復に県外にも呼ばれて行った茅葺き職人。お兄さんは大工さんで息子も大工という、職人一家に育った和田さんは、カリフラワーを育てて4 [...]

野沢果樹園

新潟市では珍しい、りんご農家。しかも100年も続いており、周囲は梨やぶどう農家に囲まれて「りんご屋」と呼ばれてきた。「先祖代々チャレンジャー」という昭延さんは、自分の代になってからプラムの栽培も始める。今は中心となって働 [...]

濁川生産組合

「農業」を仕事に選んだ人たち トマトのハウス栽培のほか、チンゲンサイや稲作で一年中忙しい濁川生産組合。ここへ行くと「農家の高齢化ってどこの話?」と思ってしまいます。子供の頃からここで育った田村さん、さまざま仕事を経た後出 [...]

高橋伸行さん・ぶどう

「ぶどう七変化」 新潟県内ではキャンベルのハウス栽培にいちはやく取り組んだ地域に暮らす高橋さんは、「ぶどうは面白い!」と言います。放っておけば30~40センチの長い房に、小さな実を付ける巨峰。見慣れた姿は、実は丹精込めて [...]

11種類のハーブ入り

袋から出して洗うだけでお皿へ〜社員の人気ナンバーワン グリーンズプラント巻のプチリーフは11種類のハーブが入った一袋。若林みよ子さん曰く「切らなくていいし見た目が楽しいし、食卓に並べると手抜きなのに豪華に見える」という理 [...]

飯塚農場

大家族でやっています 八色すいか、じゃがいもなどを作っている南魚沼市の飯塚農場。ご主人と奥さんと息子さん二人にその奥さんと親戚で就農しています。東京へ出ている親戚が首都圏で直販所を開いたりと、家族パワーでこだわりの品を作 [...]